LSAデータの国際標準化

 ここでは、航空機等(製品)の運用者が収集する実績情報と、設計・製造時のデータをシームレスに連動させることにより、従来はフェーズ毎に完結して行われてきた標準化や効率化を、ライフサイクル全体のものとする取り組みについて紹介します。主に各種の国際標準化の動向を示します。

 ライフサイクルサポート分析(LSA)およびメンテナンスデータの位置付けイメージを以下に示します。

 このLSAデータの検討&標準化は、以下の図のように、1970年代の米軍規格に始まりましたが、その後の航空機等国際共同開発の動静により、欧州に移ります。

 MIL-STD-1388は1996年にはMIL-STDとしてはキャンセル(廃止)され、その後欧米においてLSA(Logistic Support Analysis)分野で標準化検討が拡大・継続し、UK MoDのDEF STAN 00-600や、SAE internationalのGEIA-STD-0007、ASD/AIAのSシリーズ(S3000Lなど)として継続検討されてきました。また、製造関連のデータ標準化でSTEPとして知られるISO10303との整合も取るべく、AP239として標準化が進んでいます。

 現在では、後方支援データ標準化活動は、拠点をイギリスに移し、ASD(AeroSpace and Defence Industries Association of Europe)が中心となって標準化活動を推進しています。以下、主要なSシリーズ標準化分野と、相互の関係を図示します。

  • S1000D ― 共通ソースデータベースを活用した技術出版物のための国際仕様
  • S2000M ― 資材管理のための国際仕様
  • S3000L ― 後方支援(ロジスティックサポート)分析(LSA)のための国際仕様
  • S4000P ― 予防保全の策定・継続的改善のための国際仕様
  • S5000F ― 運用・保全データフィードバックのための国際仕様

以下、本サイトでは、以下の各レポートを掲載しています。

前の記事

ロジスティックス分析

次の記事

TFD Group