【TS】SCO

 サプライチェーンマネージャーは、同じ投資に対して時には2倍のパフォーマンスを得るなど、予備品の最適化技術のメリットを長年見出してきました。同時に、マネージャーの多くは、これらの改良されたソリューションは次善のソリューションほど安定性がなく、初期のパフォーマンスがすぐに低下し、場合によっては次善の方法との違いがなくなると感じています。

 アセットマネージャーは通常、単一項目モデリングから高度な予備品最適化まで、幅広い分析手法に基づいて組織の在庫管理ポリシー(トリガーポイントや最小需要量など)の範囲内で運用を行います。それがどのように行われたとしても、根底にある前提、条件、属性の避けられない変化や変動によって、そうした固定のガイダンスは、基になる予備品ソリューションが時代遅れになるのと同じ速さで古くなる可能性があります。

 従来の在庫管理システムに対して追加されたソフトウェアソリューションであるTFDのSCO(Support Chain Optimization :サプライチェーン最適化)は、この問題を解決します。 SCOにより継続的に最適化が提供されるため、マネージャーは近い将来の定期的パフォーマンス目標を可能な限り低いコストで正確に達成することができます。 TFDの拡張性のあるアプローチは、長期的な定常状態分析手法ではなく、充実した短中期シミュレーションモデリングを使用します。短中期シミュレーションモデリングは、反応の早い動的な在庫ポリシーの採用により機敏なサプライチェーン対応を可能にします。

 SCOは、効果的な対策を講じるためにサポートパッケージの部品が切れる前に十分な時間をもって特定すること、サポートシステムの将来的な不履行を防ぐ是正措置特定すること、対策を講じるのに必要なコストとリードタイムによって是正措置に優先順位を付けること、早期対応のビジネスコストのメリットに関して正当性を示すこと、また、将来のサポートパッケージのパフォーマンスを予測すること、を可能にして、最適なシステムパフォーマンスを復元・維持するためのほぼリアルタイムの介入アドバイスを提供します。

  • タイムリーで的を射た最適な意思決定ガイダンスを含む自動アドバイスをアセットマネージャーに提供します
  • 低コストという目的を維持する、継続的に利用可能な在庫最適化を実現します
  • TFDのSCOは、 在庫管理を飛躍的に変革し、25-33%の大幅なコストダウンを提供します

SCO:在庫を継続的に最適化して、パフォーマンス目標を低コストで正確に達成することができます

前の記事

【TD】Data-Vault

次の記事

【TI】SIM