【TV】VMetric

 重要な予備品の不足によりシステムのパフォーマンスが損なわれていませんか。また、不動在庫のために過剰な倉庫保管料が発生していませんか。こうしたよくある問題は、不適切な分析方法の使用や不十分な分析ツールの適用から生じます。

 システムパフォーマンスとコストのバランスは、高価な在庫管理ソリューションを実装したとしてもほとんど実現されず、わずかな効果しかありません。予備品への投資は、他の投資と同様の基準実施されることが期待されます。予備品在庫の取得や調整に関する企画書は、提案される部品の範囲と配分によって、運用上妥当なレベルのシステムパフォーマンスを達成するためのコストが最小化されることを実証できなくてはなりません。

 VMetricの最適化エンジンは、最小限のコストで可用性を最も高める部品を選択することにより、システムベースのモデルに限界分析手法を適用して予備品の選択を最適化します。システム全体のコストとシステムパフォーマンスのバランスをとることによって、VMetricは、部品が個別にモデル化されパフォーマンスが「即納」や「総合満足度」率などの指標に限定された「ハッピーシェルフ」とは対照的な、「ハッピーシステム」を保証します。

 機能性と柔軟性で世界をリードするVMetricの最適化エンジンモデルは、複数の運用場所で展開された複数のシステムの複雑な相互作用を処理する能力においてユニークです。運用上の可用性目標は、グローバル、システムに固有、または場所に固有であり、パフォーマンスの有効性を測定するための幅広いオプションがあります。

VMetric

  • 予備品の最適なスケールを作成して、フリート可用性目標を達成、または契約の正納率(フィルレート)を達成します
  • 不十分または高価な予備品の推奨を特定します
  • 「ハッピーシェルフ」ではなく、「ハッピーシステム」を確保します

VMetric:卓越した在庫最適化ツール

前の記事

【TT】TEMPO

次の記事

【TD】Data-Vault