【TE】EDCAS

 稼働期間が延長され、老朽化が進み、また、技術導入が普及するにしたがい、初期の予想を超えるライフサイクルコスト(LCC)が発生することはよくあります。機器の調達やサポート予算に対する制約が厳しくなっているなかで、設計開発の段階だけではなくシステムのライフサイクル全体において、システムとそのサポートコストとパフォーマンスを改善する機会を特定することが何よりも重要です。EDCAS(Equipment Designers Cost Analysis System)は、お客様がそうした機会をつかむのに役立つ理想的なツールです。

 EDCASは、システムライフサイクルの設計・開発・稼働段階にわたって費用対効果の高い設計とサポート戦略を特定しようとするシステムエンジニア、ロジスティックプランナー、およびコストアナリストに選ばれる意思決定支援ツールです。ライフサイクルコストの算出に補修レベルの影響を含めることにより、EDCASは、すべてのシステムアセンブリに関して最も低コストのサポートポリシーを特定します。また、トレードオフ分析の充実した機能を備えており、EDCASのユーザーは、システム設計の選択肢におけるLCCの影響を評価することができます。EDCASは、感度分析を通じて、コストリスクを理解し評価するためにも役立ちます。

 EDCASは、世界中に1000以上の政府・業界ユーザーを保有し、設計選択、コスト評価、および補修レベル分析の業界標準として認められています。EDCASは、システムエンジニアリング上の意思決定にロジスティックの考慮事項を取り込み、手頃な予算で求められているレベルのシステム可用性を確立するのに必要な設計と支援性の疑問に答える迅速で直感的なツールを提供します。

EDCAS

  • 機器設計選択肢のライフサイクルコスト(LCC)を評価します
  • 代替システム設計のLCCを比較します
  • システム内のすべてのアセンブリについて最も低コストの補修ポリシーを特定します
  • 部品属性と代替構成のトレードオフ分析を実施します
  • データインプットの組み合わせに対する感度分析を実施します

コストと補修レベル分析の業界標準

前の記事

【T4】TFD Tools

次の記事

【TM】MMAP