【TM】MMAP

 限られた予算と近代化した機能の価格上昇に伴った総所有コストを削減する必要性は、現在のシステムのサポートコストを抑えることによって資金を有効活用する戦略を必要とします。信頼性と保守性のアップグレード、サプライチェーンの効率化、または、競争力のある製品サポートの取り組みのいずれによって達成するかにかかわらず、システムパフォーマンス全体を損なうことなく節約を特定する必要性から、今日のトータル・ライフサイクル・システム・マネージャーは、広範かつ混乱した意思決定の領域に置かれています。

 ライフサイクルコストは、独自のコストがかかりリソースを使用するイベントの存在とその複雑な相互作用によって決まります。MAAPは、イベントによって引き起こされる、アクティビティをベースにした独自の、コストアトム(cost atoms)の追加エンジン(adding engine)であり、システムのライフサイクルコストを導き出します。 サポートの複雑な相互作用をすべて自動的に処理するMAAPは、幅広い分析タスクをサポートできます。MAAPモデルは、他の意思決定モデルやデータベースへの再解釈、変換、または再入力を必要することなく、ある分析モデルから別の分析モデルにデータを渡すことで、資本投資のライフサイクルにわたってその妥当性を維持します。MAAPは、防衛および民間のシステム環境の両方に同様に精通しており、お客さまの意思決定を支援します。

MMAP

 MAAPでは、複雑で進化するシステムを動的な運用シナリオで展開、運用、およびサポートするためのリソースとコストへの影響を評価することができます。 無類の意思決定支援を提供し、システム選択、運用計画、サポート計画、リソース管理、機能計画、および予算計画においてお役に立ちます。
 MAAPのポテンシャルは、mBRACE、mBOSS、mPIRICユーティリティを備えたmPOWERサポート分析ツールスイートによって更に発揮されます。MAAPはまた、SA(Supportability Audit:支援性の監査)への道も開きます。SAとは、コストダウン分析と改善評価を支援するための、イベント、リソース、頻度、期間、コストのデータを使用する、実績ある技法です。

  • 全ライフコスト(TLC)を推定しま
  • システムの可用性を提供するため、予備品だけでなくサポートリソースを最適化します
  • サポートコストとパフォーマンスの推進要因を特定します
  • サポートの改善実施に先立ち、その利点を評価します
  • 機能損失を最小限に抑えながら如何にコストカットを行うかを判断します

MAAP – 多数のリソースのプランニング、最適化、継続的な改善のための賢い選択

前の記事

【TE】EDCAS

次の記事

【TT】TEMPO