【S2】MIL-STD-1388(LSAR)の概要

 米軍規格であるMIL-STD-1388によるロジスティックサポート分析レコード(DOD REQURIEMENTS FOR A LOGISTICS SUPPORT ANALYSIS RECORD)の規格について概要を述べます。こちらは最初の版が1973年であり、すでに50年近く前に検討されたものであり、すでに規格としてはキャンセル(廃止)されました。しかし、この仕様はライフサイクル分析(LSA)の分野でのバイブル的な存在であり、現在も複数の民間グループによって標準化が継続されているようです。

<Wikipedia英語版より>

 ロジスティックスサポート分析(LSA)は、統合ロジスティックスサポートのすべての側面を事前に計画することにより、メンテナンスの効率を高め、サポートを提供するコストを削減するための体系的なアプローチです。成果のあがるLSAは、システム設計に最適なサポート要件を定義するものとなります。

歴史

 後方支援分析は、1973年にMilitary Standard 1388-1としてMIL-STDに体系化されました。1388-1後方支援分析LSA)のガイドラインと要件は、国防総省(DoDDoD Directive 5000.2「主なシステム取得手順」、およびDoD Directive 5000.39「システムと機器の統合ロジスティックサポートの取得と管理」によって確立され、統一的なアプローチとなりました。調達・開発段階において、必要な運用上の支援、その他の規律あるアプローチを通じて、軍事兵器システムの支援性を向上させることを統合後方支援ILS)の目的としました。1388-1Aは、1991年と1993年に更新されています。1996年11月26日1388-2A上のベストプラクティスに標準からダウングレードされる前の1983年と1991年に更新されました、そして1996年にはスタンダードからキャンセルされました。LSAのデータベース記録の定義は、後方支援分析記録MIL-STD-1388-2Aによって1984年 7月20日に設定されました。

 1986年、米軍は紙を多用するLSARを「コンピュータ支援後方サポート」(CALS)として知られるデスクトップアプリケーションに変換し始めました。海軍も1987年に同様の努力を始めました。1991年に、プログラムは統合CALS(JCALS)の名の下にすべてのサービスと統合され、拡大されました。JCALSは1998年8月に使用が承認されています。

MIL-STD-1388構造

 MIL-STD-1388-1AにLSAのための記録(タスク)について説明がなされ、続いてMIL-STD-1388-2A/Bに取得すべきLSAレコード(LSAR)の定義として構成されています。

 MIL-STD-1388-1Aでは、LSAのタスクは以下のように分類されています。

LSAのタスク

100 プログラミング、計画、管理(Program Planning and Control

101Development of An Early Logistic Support Analysis Strategy
102Logistic Support Analysis Plan
103Program and Design Revise

200 ミッションと支援システムの定義(Mission and Support System Definition)

200Mission and Support System Definition
201Use Study
202Mission Hardware, Software, and Support System Standardization
203Comparative Analysis
204Technological Opportunities
205Supportability and Supportability Related Design

300 代替案の準備と評価(Preparation and Evaluation of Alternatives)

300Preparation and Evaluation of Alternatives
301Functional Requirements Identification
302Support System Alternative
303Evaluation of Alternatives and Tradeoff Analysis

400 物流サポートのリソース要件を決定する(Determination of Logistic Support Resource Requirement)

400Determination of Logistic Support Resource Requirements
401Task Analysis
402Early Fielding Analysis
403Post Production Support Analysis

500 サポータビリティ評価(Supportability Assessment

500Supportability Assessment
501Supportability Test, Evaluation, and Verification

 また、MIL-STD-1388-2Bに規定されているレポートは以下の通り。

 LSAR REPORTS

上記のレポート毎に、以下のようなレイアウトが示されています。

LSA-001の例

 さらに、これらのレイアウトで使用するデータ項目が洗い出され、項目毎の定義を説明した膨大なドキュメントとなっています。