【T2】TFDソリューション

 今日の世界では、組織がビジネスニーズを達成するうえで役立つソフトウェアベースのツールが幅広く利用可能ですが、どのツールを購入すべきかを判断するのは困難なうえ、希望のツールをすべて購入すると高額になり得ます。

 複数のブランドのソフトウェアを購入した場合、ユーザーインターフェース、プロトコル、および機能性の違いから、ユーザーは各ツールのために幅広い異なるユーザースキルを学び身につけなければなりません。さまざまなツールのインプットやアウトプットはフォーマットが異なり、今日のビジネスの多くが使用しているデータソースやレポートプロセスと整合しないことも多くあります。異なるソースから幅広い異なるツールを購入した場合、初期の調達時だけではなく、ソフトウェアライセンス管理、ユーザーアクセス制御、また、技術サポートの面でも管理上の負担が発生することがあります。これは、ロジスティックのモデル化、分析、計画、および管理のために使用されるツールも例外ではありません。

 TFDのSupportability Workbenchは、幅広い分析分野(ライフサイクル・コスティング、修繕レベル分析、設計代替案の評価、予備品やリソースの最適化、ホールライフ・コスティングなど)を網羅したソフトウェアツールスイートをユーザーに提供できるようにまとめてパッケージ化されています。Supportability Workbenchは、TFD独自のEDCAS、 TempoMAAP、mPOWER ロジスティックス意思決定サポートツールから構成され、使い慣れた単一のユーザーインターフェースをユーザーに提供するとともに、ロジスティックサポートのモデル化と分析のために柔軟且つ統合的で一貫したアプローチも可能にします。トレーニングの負担を軽減し、ライセンス体制を簡略化したSupportability Workbenchは、さまざまな異なるブランドやサプライヤーのソフトウェアを所有している場合のコストと比べ費用対効果に優れています。

 TFDのSupportability Workbench内のすべてのツールによって使用されるロジスティックデータは、TFDのData Vaultから取得されます。Data Vaultは、システムのライフサイクル全体にわたるモデル化と分析に必要なすべてのデータに対し、共通ソースの単一レポジトリを提供します。お客様の価値あるロジスティックデータを制御された環境で格納・保全するとともに、「入力は一回で何回も使用できる」アプローチの展開によりソリューションと外部データソースとの連結やレポートプロセスを簡略化します。

前の記事

【T1】TFDのサービス

次の記事

【T3】TFDの歴史・実績