Redundancy

余剰分

それぞれのサイトに一つのエンドアイテムがある場合、エンドアイテムとそのLRUについて簡単な(あるいはnのk)余剰分を描くことができます。nはアイテムのQPAとして入力され、エンドアイテムのLRUが現れる数です。kは、QRAとして入力され、エンドアイテムを運用するために運用しなければならない最小数のLRUです。

例えばQPAが4とすると、QRAは 余剰分の多い順に、3, 2, あるいは 1 となります。QRAが4の場合、余剰分はありません。そしてQRAは0にはなりません。QRAはデフォルトによってQPAに等しくなります。入力されたQRAの数値がQPAより大きいかサイトのエンドアイテムの数が1を超える場合、QRAは無視されます。

TFD Vmetric Reference Guide (66) 次ページは英語原文】

« Back to Glossary Index

前の記事

Redistribute Initial Stock

次の記事

Reorder Point