NIST SP 800-37(Rev.2):RMF Eva翻訳版を公開しました

※このページの最下段にダウンロードボタンがあります

 米国では、連邦政府機関の情報システムにリスクマネジメントフレームワーク(RMF)の適用を義務付けており、その内容はNIST SP 800-37(Rev.2) に規定されています。更に、RMFはサプライチェーンの先に位置する民間事業者の情報システムについても採用が推奨されています。

 NIST SP 800-37(Rev.2)では、情報セキュリティとプライバシーセキュリティの保護を情報システムに組み込むに当たり、システム開発ライフサイクルSDLC)の手法を取り入れて、開発の初期からRMFを実践することで、手戻りが少なく費用対効果の高いRMFを組織的に実践することができます。

Rivision2におけるリスクマネジメントフレームワーク実施の流れ
リスクマネジメントフレームワークの各Stepの概要

<原本のダウンロード先(NISTサイト)>

 NIST SP 800-37(Rev.2):Risk Management Framework for Information Systems and Organizations(A System Life Cycle Approach for Security and Privacy

 組織と情報システムのためのリスクマネジメントフレームワーク(セキュリティとプライバシーのためのシステムライフサイクルアプローチ)

 NIST SP 800-37 (Rev.2) 和訳版のダウンロードは以下からどうぞ。 その他のエヴァ社訳ダウンロードはこちら

NIST SP 800-37 Rev.2(December 2018)【EvaAviation訳 update 2022.12】

#0excludeScriptsGlossary

NIST SP 800-37 Rev.2(December 2018)【EvaAviation訳 update 2022.12】