Evaコラム:TriannualとTriennial

 最近CMMCがVersion 1.0から2.0にアップデートされたことは皆様ご承知の通りです。DoDCMMC 2.0を発表した際には、1回公開された内容が直後に削除されるなどちょっとしたドラマがありました。今は落ち着いてきているようですが、ネット上に掲載されている情報を見ると「アレッ?」と思うことがあります。

 CMMC 2.0のレベル2の解説文に「第三者機関によるTriannual 認証」と書いてあるものと「第三者機関によるTriennial 認証」と書いてあるものがあったのです。

 辞書を引くと「Triannual」は1年に3回、「Triennial」は3年に1回となります。どちらが正しいかによって、第三者機関による認証の回数が9倍違うことになります。

 時系列的には、DoDの発表文書には当初「Triannual」と書いてあったのですが、その後「Triennial」に変更されたようです。専門家のブログなどを当たってみると「単なるタイプミスらしい(!?)」との話もあり、最新版で掲載されている「Triennial」(3年に1回)が正しかったというのが現時点での通説になっています。

 発表にあたってのDoD内の混乱も伺えるような話ですが、今後に向けても目が離せませんね。

 余談になりますが、この話題の延長線で調べて行くと、「Biannual」は1年に2回、“ビエンナーレ(イタリア語)”でお馴染みの「Biennial」は2年に1回です。

 頻度に関する似たような用語として「Biweekly」がありますが、辞書を引くと「2週間に1回、あるいは1週間に2回起こること」と書いてあり、「マジかー!滅茶苦茶うやむや!」と言いたくなってしまいます。英語で表現する際は、できれば「twice a week」とか「once every two weeks」と長ったら…丁寧に書いた方が(特に重要な文書に使う場合)安心ですね。

 英語は難しいです。学生の頃もっときちんと勉強しておけばよかったと、反省\(_ _)。かなり横道に逸れましたが、今月のOne TERMでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA