重要データ保護に係る最新動向と対応のポイントセミナー

 掲題のセミナーが開催されます。弊社からも登壇する予定です。(お申込み等は、こちらから)

概要DXの推進によりバリューチェーンやサプライチェーン間におけるデータ流通が進む中、連鎖するリスクに備え、サプライチェーン全体におけるデータ保護が求められています。米国では、重要データ保護に係る規制が強化されており、NIST SP800-171等のガイドラインへの対応が進められています。さらに、米国連邦政府向けのセキュリティガイドラインであったNIST SP800-53が、民間企業における活用をも想定した内容のRev. 5へ改定される等、対応すべきセキュリティ管理策の標準も変わりつつあり、業界を問わず、ビジネスリスクの観点からも、対応が必要になることが想定されます。
本セミナーでは、重要データ保護に係る規制強化の最新動向と対応のポイントについて、専門的な知見や豊富な実績を有する講師陣よりご紹介いたします。是非ご参加ください。
対象者情報システム部門、セキュリティ・リスク管理部門、コンプライアンス部門の関係者様
受講料無料(事前登録制)
定員オンラインのため定員制限はございません。
時間2021年1月27日(水)14:00~15:30(受付開始13:30)
主催Ridgelinez株式会社 Risk Management Unit

前の記事

NIS-Be通信+(No.1)

次の記事

NIS-Be通信+(No.2)