Wearout

消耗品

消耗アイテムは、1より少ない変動対平均率を使用することによって、 TEMPO でモデル化できます。一定の要求率のランダム故障アイテムは、変動対平均率が1です(ポワソン要求)。故障までの時間が一定の消耗アイテムは、変動対平均率が0です。ほとんどの消耗アイテムは変動対平均率を0.5のような中間値にすることを薦めます。

TFD Vmetric Reference Guide (98) 次ページは英語原文】

« Back to Glossary Index

前の記事

VM Ratio

次の記事

Weight