ソーシャルエンジニアリング

動機を巧みに利用することで人々を誘導し、進んで機密情報を差し出させる手法。

>>Wikipediaの説明を見る

ソーシャル・エンジニアリング英語:social engineering)とは、人間の心理的な隙や、行動のミスにつけ込んで個人が持つ秘密情報を入手する方法を指す。社会工学(Social engineering)の分野では、プライベートな集団や政府といった大規模な集団における、大衆の姿勢や社会的なふるまいの影響への働きかけを研究することを言う。フィッシングスキミングは、行為自体はコンピュータ内で閉じているが、人間心理的な隙をついている点では同様である。

« Back to Glossary Index

前の記事

FedRAMP