IoT・AIT・RFID

 弊社は、航空機部品のロジスティックを効率化するための検討としてRFIDについての研鑽を重ねています。RFIDとは無線技術によりICタグにある固有識別IDを読み取る技術です。実は、その真の目的である「固有識別IDの自動読取り」という概念でAIT(Automated Identification Technology)という分野が主に航空業界にあります。そして、AITこそ昨今のIoTIIoTのキー技術です。以下に、簡単にRFID⇒AITIoTの関係をご説明します。

  • AIT(航空業界の自動識別技術)
    • 航空業界(主に民間機)では、個々の部品シリアル番号を間違いなく自動識別するためAITが検討され、バーコードやRFIDの標準化・適用がいち早く行われました。米国ATAにより、SPEC2000(第9章)に「RFID on Parts」として検討されています。
  • RFIDのしくみ(基礎講座) by シェンヒーロー
  • 米軍のIUID動向
  • RTLSシステム市場動向
  • セキュアRFIDのしくみ

次の記事

システム・サービス