試験性(試験容易性)

testability
システムのいくつかの品目に開発されたBITの性能は、FMEA用語及び結果を用いてしばしば評価されるが、品目が他のプログラムのために既に開発されている場合などは必須ではない。 BITは次によって特徴づけられることが出来る:
- 試験される機能又はサブ機能のリスト
- 故障探知された機能又は品目の百分率を与える探知
- 識別された品目や構成品の故障に対し曖昧性のない探知故障の百分率を与える局所化又は分離率
- “故障なし”率
この解析及びその正当性は、機能不全解析及びLSA FMEAに使用され、どの品目又はグループ品目が確かに故障しているかを示す故障コード又は他のメッセージを与える故障報告リスト(BITからの)を提供するので、障害探索の一部として調査されるべき品目の数を非常に制限する。
探知された故障を示すため、操作員又は整備チームへ警告が送られる。 これらの警告は最初の症状として使用され、故障を引き起こした故障品目から送られる必要はない。

« Back to Glossary Index

前の記事

構造詳細

次の記事

CI