平均故障間隔

Mean Time Between Failures
平均故障間隔(MTBF)は、運用中のシステムの固有故障間の予想経過時間である。 MTBFはシステムの故障間の数学的中間(平均)値として計算できる。 MTBFは、再生プロセスの一部として、故障したシステムが直ちに修理(経過時間ゼロ)されたと仮定するモデルの典型的部分である。 これは、故障したシステムが修理されないモデリングの仮定を持った故障間の平均時間測定である‘故障までの平均間隔(MTTF)’と対照的である。

« Back to Glossary Index

前の記事

整備タスク分析

次の記事

構造品目