Boeing 787:グローバルサプライチェーン管理の始動 (2013) Eva翻訳

Views:
984
File size:
311.04 kB
Downloads:
17
Updated:
2021年7月7日
Categories:

Leveraging Global Partners to Maximize Customer Value 顧客付加価値を最大限に高めるグローバルパートナーの活用

ボーイングの最新・超効率なジェット機、787 ドリームライナーは2008 年から引き渡しが開始され、顧客にはより上質な空の旅を、運航者にはよ り効率的な民間ジェット機を提供する。ボーイング787は、現在最速のワ イドボディ機と同等のマッハ0.85 で巡航する一方で、同サイズの航空機 と比べて乗客一人当たりの使用燃料が約20 パーセント低く、低排出かつ 静かな離陸・着陸を考慮して設計されている。 これらの優れた性能を実現すべく、ボーイングは航空機の重要なコンポ ーネントの設計に、世界で最も優れた航空宇宙企業から成るコアチームを 立ち上げ、例えば、新たな航空機のエンジンをゼネラル・エレクトリック やロールスロイスと連携して開発した。この際ボーイングは、エンジン技 術の進歩だけで新たな航空機の燃費8パーセント向上を期待した。 ボーイングはこの新たなドリームライナーの設計にあたり、パートナー と共同し、全く新たな航空機製造モデルを採用した。市場投入までの時間 を早めトータルコストを削減すべく、競争上の優位性として広範なサプラ イチェーンやパートナー製造のリソースを活用し、ボーイングの歴史上初 めて航空機の大部分をグローバルなパートナーが加工し、ボーイングは提 供された主要組立品をワシントン州エバレット工場で組み立て、試験することとなった。

PAGE TOP